プランナーがお手伝いさせていただいたプロポーズ秘話

30代前半の塾の経営をしている男性との出会いでプロポーズのお手伝いさせていただくことになりました。その男性の彼女は30代前半です。

塾の経営も軌道に乗ってきたけど付き合って4年目に差し掛かり、プロポーズのタイミングが判らないという事でした。

塾の経営者という事で受験生が落ち着く4月にプロポーズを決定。それまでの4カ月からプロポーズ大作戦が始りました。

 

仕掛け①…3月までにデートをする時は毎回1輪の花をプレゼントする。

こちらで普段から彼女を大切にしている想いを伝えていきます。

 

仕掛け②…特別な場所にて一泊旅行を手配する。

普段では利用しないリゾートホテルでのんびりとした時間を過ごそうというコンセプトでプロポーズ大作戦のネタがばれないようにする。

 

仕掛け③…リゾートホテルのスタッフの方の協力をいただく為に連絡を。

今回プロポーズをする為に宿泊する事をお伝えする事によりホテルスタッフさんに全面的にバックアップしてもらう。

 

仕掛け④…レストランディナーもお洒落にドレスアップして食事をする。

当日の演出にも特別感を持ってもらうためにお洒落な服装で食後にプローズ大作戦開始の流れですから。

 

そして本番…

仕掛け⑤…レストランディナー終了後にお2人の前にタキシード姿の私が「それでは男性○○さんよりご依頼いただいています、お2人だけのライブをご用意いたしましたのでご案内いたします」とお2人をチャペルへご案内♪

 

仕掛け⑥チャペルが解放されると目の前には外国人シンガーが。

お2人がたどり着くと外国人シンガーがお出迎えして、お2人をチャペル最前列にご案内いたします。

仕掛け⑦外国人シンガーがお2人の為に歌います。

貸切のチャペルでお2人だけの為に歌を歌います。

そして歌が終わり1輪の花を彼女にプレゼント♪会場はとても素敵な雰囲気に包まれています。

 

それを合図に横に座っていた男性が跪き、ポケットから指輪の箱を出して…箱を開いていよいよプロポーズの言葉です♪

 

「4年間ずっと待たせてしまいました。結婚してください…。」

彼女は「はい よろしくお願いします…。」

 

仕掛け⑧成功したので花束を。

両手で持たないと持てない大きさ&重さの花束を男性からプレゼント

 

仕掛け⑨喜びの実感は朝目覚めたときに。

今回のプロポーズ大作戦に全く気付いていない為、当日は喜びというよりも

ビックリという感想だったそうで、一泊したホテルで迎えた翌日目が覚めた時には指輪を身に着けている彼女の喜びはひとしおだったそうです。

 

素敵なプロポーズのお手伝いをさせていただいて本当に幸せでした。

回答者:カルロス浅井

この記事に共感した

このプランナーがお手伝いさせていただいたプロポーズ秘話が役に立った
共感した!ほえ?
3
1
ブライダルエステでケアしておきたい人気部位♪
美しさに差をつけよう!
徹底ケアでどこから見られてもキレイな花嫁姿へ