“マチガイない”けど、ちょっとイイ披露宴BGM

結婚式のなかでとても重要な位置を占めるBGM。
折角こだわった素敵な式もBGM次第と言っても過言ではありませんね。
デキル花嫁ならば「素敵な挙式だったね!」と絶対言わせたいハズ!
そこでセンスを魅せるBGMを教えちゃいます。ぜひ活用してみて☆

 

【迎賓】の際にオススメのBGM

◆「ペニー・レイン」リヒャエル・エトリンガー指揮/バロック・チェンバー・オーケストラ
ビートルズの名曲をオーストリアのオーケストラがバロック風に演奏。クラシックに見劣りしない流麗で軽やかな演奏は気品がありながら、ゲストの緊張を解いて足取りも軽く、迎賓で使いたい一曲。
ポイントは、20分程度で3曲~4曲を用意しておく。

 

【入場】の際にオススメのBGM

◆ 「My Baby Just Cares for Me」ニーナ・シモン
アメリカでは結婚式の定番のこの曲。60年代のアメリカを象徴する、長きにわたり愛され続ける大御所。全員が揃う入場シーンによく合うぴったりな一曲。
ポイントは5分程度なので1曲でOK。

 

【歓談】の際にオススメのBGM

◆ 「カム・アウェイ・ウィズ・ミー」ノラ・ジョーンズ ゆったりとしたメロディに乗って歌う、ノラの隠れた名曲。癒し声のこの曲を聴くひとたちが温かい気持ちになれる。 歓談に適した、飽きさせない一曲。

ポイントは50分~60分程度なので、10曲~12曲程度用意しておく。

間違っても「INOKI BONBA-YE」で入場は避けたいものデス。。

この記事に共感した

この“マチガイない”けど、ちょっとイイ披露宴BGMが役に立った
共感した!ほえ?
0
0
ブライダルエステでケアしておきたい人気部位♪
美しさに差をつけよう!
徹底ケアでどこから見られてもキレイな花嫁姿へ