ドレス選びのトホホな出来事

「理想のウェディングドレスはドコに‥」

結婚式の日取りを決めた日から、結婚式当日まで約3か月。ウェディングドレス選びというのは通常ならば結婚式の3か月前には決定しておくべき事です。ドレスをレンタルする場合は大抵お直しが必要だし、オーダーするとなると約2か月は掛かってしまうからです。

結婚式の担当の方からは、「結婚式の準備期間が短くて大変だけれど、ドレスさえ決まってしまえば安心ですよ!」と言われて、私は喜びいっぱいに気合を入れてドレスを選び始めました。

そして、ウェディングドレスとカラードレスをそれぞれ1着ずつ探し選んでいました。

私は簡単に考えて、もし時間がかかったとしてもせいぜい1か月で見つかり、決まるだろうと。今思うとものスゴク甘いですよね(笑)

なかなか理想としているドレスが見つからなかったのです!

どうしてもウェディングドレスって憧れるし妥協なんてできるワケない!そう思っていたので、理想のドレスが見つかるまでは、それはそれは沢山のドレスショップを回り続けました。雑誌などに掲載されているような東京都内のドレスショップはほとんど行きました。

試着したドレスの総数はナント100着以上に!こんなにたくさん試着するひともいないかも知れませんよね。

足が棒になるほどドレスを探し回り、その末にやっと理想とするウェディングドレスに巡り会えました!その時すでに結婚式の1か月前に。もうギリギリで、しかもそのドレスはオーダードレス。ドレスショップの人に「結婚式が7月で良かったですね。結婚式シーズンの4月、10月だったら本当に間に合わなかったですよ。」と言われてしまいました。。

カラードレスですが、ウェディングドレスと一緒に探していたのですが、こちらを見つける方がもっと大変だったのです!

私は年齢が34歳でしたので、落ち着いたオトナなデザインを探していました。ところがカラードレスって可愛らしいモノが多いので、オトナでシックなデザインのモノがなかなか見つからないのです。

それでもカラードレスを見つけ出し成約しましたが、実は私の理想のデザインではありませんでした。時間が押し迫っていたために、そこだけは妥協をしてしまいました。でも、どうしても納得がいかず、成約後もドレスショップをずっと探し回っていました。

そして結婚式まで1ヶ月切った頃に、ようやく理想とするカラードレスを見つけることが出来たのです。既に成約済みのカラードレスは高い料金を支払いキャンセルをしました。

ドレス選びって本当に、本当に大変でした!友人などにドレス選びの話を聞くと、私ほど苦労をして探し回ったひとはいませんでした。みんな口を揃えて「ウェディングドレス選びが一番楽しかった!」と言うのです。私は「ウェディングドレス選びが一番苦しかった!」と、トホホなお話でした。

(Kさん 34歳)

この記事に共感した

このドレス選びのトホホな出来事が役に立った
共感した!ほえ?
2
0
ブライダルエステでケアしておきたい人気部位♪
美しさに差をつけよう!
徹底ケアでどこから見られてもキレイな花嫁姿へ