結婚指輪の素材の特徴ってありますか?

スティッチさん  愛知県  年齢:21才

結婚の予算上、婚約指輪をやめました。そして、結婚指輪にダイヤを入れようと思っています。、ハーフエタニティ等表面一体にダイヤがあるもので考えていますがずっとはめていても大丈夫ですか?家事等こなしている時に支障があったりしますか?アドバイスをお願いします。


ハピブラ専門家
プロフィール

小田亜里

ダイヤモンド入りの婚約リングの取り扱いについて

最近では、婚約リングを渡さないけれど、その代わりに女性の結婚リングにはダイヤモンドをちりばめたデザインを選ぶという傾向は、確かに増えてきています。実際に、店頭でもたくさん見かけるようになりましたね。

まず、結婚リングの取り扱いにおいて、良く使われているプラチナという素材についての注意点ですが、貴金属の中でも比較的固い素材ですが、日常生活において細かな傷はどうしてもついてしまうもの。出来るだけ優しく、丁寧に扱いましょう。また、重いものを持ったり、手に力が加わることで変形する場合もありますので、スポーツの時には外されることをおススメします。次に、ダイヤモンドのついているデザインのリングの注意点です。ダイヤモンドには油分が付着しやすく、白っぽくなり、輝きがなくなってしまう特徴があります。炊事の時はゴム手袋をするか、外しておくことをおススメします。化粧品やハンドクリームなどにより、汚れがたまりやすいので、使った後は柔らかい布や、ジュエリー用のクロスなどで軽く拭く習慣をつけることも、ジュエリーを長く輝かせておくためには大切ですね。

このように、様々な場面において、指輪を外すことをおススメしていますが、何より大切なことは、指輪をなくさないように十分に気をつけることです!!私の場合、ビニールの小袋にくるんで、化粧ポーチの中に入れておいたりします。

こうしておくと、忘れることも少ないですし、安全ですよ♪

 

この記事に共感した

この結婚指輪の素材の特徴ってありますか?が役に立った
共感した!ほえ?
3
0
ブライダルエステでケアしておきたい人気部位♪
美しさに差をつけよう!
徹底ケアでどこから見られてもキレイな花嫁姿へ