もやもやガール勝手にお悩み相談室・ハイパー Vol.03


ハピブラ専門家
プロフィール

洪愛舜

もやもやガール勝手にお悩み相談室
皆さま、こんにちは。

すっかり冬も本番という感じですが、風邪などひいておりませんか。風邪予防には、とにもかくにも乾燥対策ですよ。さあ加湿器加湿器……。

さてさて、3回目を迎えるこのコーナー。

今回の相談者は……。

ほしのあきさんほしのあきさん。

いやぁ、もやもやしてますねぇ。姿が見えなくても「もやもやオーラ」だけでどこにいるかわかってしまうくらい、もやもやしていらっしゃいます。現在芸能界で一番もやもやしていると言ってもいいくらいかもしれません。そのくらい、どうにもならないもやもやを感じてしまいます。

わかります、わかりますよ。33歳、女の悩み時です。仕事ではある一定のポジションは確率できたものの、「唯一無二」の絶対的なものかどうかと言われたら、そうとも言えない。これから先もずっと「最年長グラドル」としてやっていく所存ではあるけど、どうしてもやっぱりどこか「痛さ」を感じさせてしまう。女優業やバラエティでもがんばってみたけど、私じゃなきゃだめ、という存在にまでなれないことに、自分自身でもどこか気づいてきた。

仕事面で「グラグラ」が生じると、どうしても結婚に対するもやもやが募ってしまうんですよね、女性って。これって、決して結婚に逃げているわけじゃないんです。誰だって、確固たる何かがほしいでしょう? 自分はここにいるんだ、っていう証明書が。一生懸命がんばってきた女性ほど、

そんなほしのさんが選んだ相手が、よりによって現在21歳の若者とは……うーーーーむ。世の中うまくいかないもので……。

さて、もやもや一直線のほしのさんのこれからについて、語ってみたいと思います。

 

ほしのあきさんのもやもやタイプは……

『A.うだうだ彼氏にお悩みタイプ』

 

こんなにわかりやすいAタイプはないですよね。でも、ある程度やっぱりしょうがないですよ。だって21歳だもん。仕事も3年目でまだまだこれから。むしろ、これからどのくらい自分の実力を伸ばしていけるかどうか、とても大切な時期です。「誰かの人生を背負った方が、責任感が増して仕事にも身が入る」という意見ももちろんありますが、今はきっと自分のことだけ、自分の思考や時間の100%を自分のことだけに費やして、とことんチャレンジしたいと思っている時期ではないでしょうか。

ただでさえ、男性と女性の時間軸って、合わないものです。女性の方は「時間的」な軸にとらわれて、「何歳までに結婚したい」、「もう○年も付き合ってるんだから」、と考える一方で、男性は、どちらかというと「自分的」な軸に主眼があり、「この仕事で成果を上げたら」とか「給料が○円になったら」とか(あと「髪が薄くなってきたから」というパターンもあり)を結婚のタイミングに持ってきがち。だから、同年代だとしても、女性の方が先に結婚を意識するケースが多く、その時間軸を男性が理解できなくて、多くのもやもやガールを生んでしまう結果になるのです。

同じ年代でもそうなのに、12歳も年下とあらば! きっと、男性の方は想像だにできないほどのズレがあると思います。きっとほしのさんはそのあたりも全部わかってるんでしょうね。だからこそ、よけいにもやもやしてしまう。何考えてるの、私のこと大切じゃないの!?って泣いて詰め寄ることさえもできないほど、ほしのさんは「遠く」に来てしまっているのかもしれません。

私からほしのさんにアドバイスできるとしたら、自分は「結婚が」したいのか、「この人と」結婚したいのか、今一度問い直してみてほしいと思います。とりあえず結婚さえすれば、今のもやもやの状態からは抜け出すことができるでしょう。それは、今の「この人」ではなくても。結婚して、ある程度自分の「確固たる居場所」を築けるかもしれません。でも、今の彼氏さんとは、「今すぐ」というのは正直難しいと思います。それは、自分のためにはなっても相手のためにはならないから。今、結婚するなら、この人とではない。

きっと、何度も何度も自分に問いかけてみたことでしょう。そして選んできている答えが、今自分がいるポジションなんだとは思います。でもここでもう一度、問い直してほしい。私は、今、結婚がしたいのかな。それとも、この人と結婚がしたいのかな。この人といるのが自然で、幸せで、満ち足りる。もしそう感じているのなら、「時期」の部分を、なんとか自分の力で乗り切ってほしいと思います。そうやって乗り越えたふたりはきっと力強いカップルになるから。お互いがお互いを必要で、支え合って、伸ばし合っていけるふたりになれるのです。

もちろん、年齢からくる焦りとの戦いになると思います。がんばって戦い続けたからって、必ず勝利が待っているとは限りません。いきなり現れた「したたかガール」に、ちょうどいいタイミングに来た彼をひょいっとかっさらわれてしまう、なんてことも、起こりうる未来です。でも、ここからが女の底力の見せ所ですよ! 今まで誰もできなかった「30代グラドル」という道を切り開いてきたほしのさんですから、きっと、大丈夫。一にも二にも「余裕」を見せて、スラスラスラと、また道を切り開いてほしいと願います。応援しています!

ほしのあきさんのもやもやタイプは……

『A.うだうだ彼氏にお悩みタイプ』

 

こんなにわかりやすいAタイプはないですよね。でも、ある程度やっぱりしょうがないですよ。だって21歳だもん。仕事も3年目でまだまだこれから。むしろ、これからどのくらい自分の実力を伸ばしていけるかどうか、とても大切な時期です。「誰かの人生を背負った方が、責任感が増して仕事にも身が入る」という意見ももちろんありますが、今はきっと自分のことだけ、自分の思考や時間の100%を自分のことだけに費やして、とことんチャレンジしたいと思っている時期ではないでしょうか。

ただでさえ、男性と女性の時間軸って、合わないものです。女性の方は「時間的」な軸にとらわれて、「何歳までに結婚したい」、「もう○年も付き合ってるんだから」、と考える一方で、男性は、どちらかというと「自分的」な軸に主眼があり、「この仕事で成果を上げたら」とか「給料が○円になったら」とか(あと「髪が薄くなってきたから」というパターンもあり)を結婚のタイミングに持ってきがち。だから、同年代だとしても、女性の方が先に結婚を意識するケースが多く、その時間軸を男性が理解できなくて、多くのもやもやガールを生んでしまう結果になるのです。

同じ年代でもそうなのに、12歳も年下とあらば! きっと、男性の方は想像だにできないほどのズレがあると思います。きっとほしのさんはそのあたりも全部わかってるんでしょうね。だからこそ、よけいにもやもやしてしまう。何考えてるの、私のこと大切じゃないの!?って泣いて詰め寄ることさえもできないほど、ほしのさんは「遠く」に来てしまっているのかもしれません。

私からほしのさんにアドバイスできるとしたら、自分は「結婚が」したいのか、「この人と」結婚したいのか、今一度問い直してみてほしいと思います。とりあえず結婚さえすれば、今のもやもやの状態からは抜け出すことができるでしょう。それは、今の「この人」ではなくても。結婚して、ある程度自分の「確固たる居場所」を築けるかもしれません。でも、今の彼氏さんとは、「今すぐ」というのは正直難しいと思います。それは、自分のためにはなっても相手のためにはならないから。今、結婚するなら、この人とではない。

きっと、何度も何度も自分に問いかけてみたことでしょう。そして選んできている答えが、今自分がいるポジションなんだとは思います。でもここでもう一度、問い直してほしい。私は、今、結婚がしたいのかな。それとも、この人と結婚がしたいのかな。この人といるのが自然で、幸せで、満ち足りる。もしそう感じているのなら、「時期」の部分を、なんとか自分の力で乗り切ってほしいと思います。そうやって乗り越えたふたりはきっと力強いカップルになるから。お互いがお互いを必要で、支え合って、伸ばし合っていけるふたりになれるのです。

もちろん、年齢からくる焦りとの戦いになると思います。がんばって戦い続けたからって、必ず勝利が待っているとは限りません。いきなり現れた「したたかガール」に、ちょうどいいタイミングに来た彼をひょいっとかっさらわれてしまう、なんてことも、起こりうる未来です。でも、ここからが女の底力の見せ所ですよ! 今まで誰もできなかった「30代グラドル」という道を切り開いてきたほしのさんですから、きっと、大丈夫。一にも二にも「余裕」を見せて、スラスラスラと、また道を切り開いてほしいと願います。応援しています!

この記事に共感した

このもやもやガール勝手にお悩み相談室・ハイパー Vol.03が役に立った
共感した!ほえ?
2
0
ブライダルエステでケアしておきたい人気部位♪
美しさに差をつけよう!
徹底ケアでどこから見られてもキレイな花嫁姿へ